交感神経緊張症

交感神経緊張症のページを説明



65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法
新着記事一覧

交感神経緊張症

あがり症という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

このあがり症とは一体どのような症状のことをいうのでしょうか?

あがり症とは、人前などに出て、極度に緊張してしまいあがってしまうことをあがり症と言っています。

しかし、きちんとした定義は特にありません。

医学的な面からあがり症を説明すると、極度に緊張することにより、交感神経緊張症というものを一時的に起こしている状態を言います。

あがり症になってしまうと、横隔膜が一時的に上に上がってくることにより、心臓の動きが不規則になります。

そのため、心拍が乱れて、呼吸が小さくなってしまうなどの症状が出ます。

これがあがり症です。

あがり症になる原因はいろいろ考えられますが、その多くが心理的な要因からきているようです。

あがり症は、病気ではありません。

しかし、あがり症が重症で癖になってしまうことにより、さらに悪化してしまうことがあるのです。

一度あがり症になってしまって、失敗などをしてしまうと、次に同じ様な状況におちいった場合に、またこないだと同じようにあがってしまうんではないか?失敗するのではないか?などと、極度に思ってしまうあまり、本当にまたあがり症になってしまうということをくり返すことがあるようです。

そのため、あがり症を克服するためには、あがり症を治すための訓練などをする必要があります。


65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

>> 65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

Category あがり症

あがり症に効く薬、効く治療で、あがり症対策の交感神経緊張症のリンクについて

あがり症に効く薬、効く治療で、あがり症対策の交感神経緊張症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。