あがり症の薬 インデラル 使用上の注意

あがり症の薬 インデラル 使用上の注意のページを説明



65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法
新着記事一覧

あがり症の薬 インデラル 使用上の注意

あがり症の薬のインデラルは、使用するにあたり注意が必要です。

・服用してはいけない場合

気管支ぜんそく、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシス、房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群、心原性ショック、肺高血圧による右心不全、うっ血性心不全、低血圧症、長期間の絶食状態、重い末梢循環障害、未治療の褐色細胞腫、異型狭心症、チオリダジンの服用中。


・注意して服用する場合

うっ血性心不全のおそれのある人、甲状腺中毒症、特発性低血糖症、糖尿病、絶食状態、肝機能障害、腎機能障害、レイノー症候群、間欠性跛行症な、徐脈、房室ブロック、高齢者。


インデラルを長期的に服用する場合は、定期的に心機能検査、肝機能・腎機能・血液などの検査を受ける必要があります。

狭心症の人がインデラルの服用を急に中止すると、症状が悪化したり、心筋梗塞をおこしたりします。

また、インデラルの服用により、目の角膜潰瘍などの重い合併症がおこることもあります。

視力の異常、霧視、涙液分泌減少といった症状が現れたら、ただちに病院に。

また、インデラルの妊娠中の服用で、新生児の発育遅延などがおこることもあります。

妊婦または妊娠している可能性のある人は、緊急の場合を除いて、インデラルを服用しないように。


65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

>> 65089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法

あがり症に効く薬、効く治療で、あがり症対策のあがり症の薬 インデラル 使用上の注意のリンクについて

あがり症に効く薬、効く治療で、あがり症対策のあがり症の薬 インデラル 使用上の注意のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。